なるほど 出会いのきっかけ作りネ

サロン店集客チラシの「目的」

【チラシ作りの心構え】

お店のチラシの目的と聞くと

「売上を上げるため」

と、
ほとんどの人はこたえますが、
それは大きな大きな間違いです。

お店の「集客チラシ」の本当の目的は、

「初めてのお客様との出会う機会作り」

です。

この考え違いをしていると、
反応反響の取れる「集客チラシ」を作ることは
無理なんです。

なぜか?

考え違いをしている人は、
チラシ作りに対して、

「損のないコストでチラシを作る」

を優先してしまい、

「反応反響の取れるチラシを作る」

ということが
疎か(おろそか)になるからです。

あなたもチラシを作る前に
しっかりとこのことを理解することです。

↓ 参考動画 約 12分

集客チラシのご相談 いつでもお電話ください
承り:さいたま市(岩槻区除く).戸田市.蕨市

競合する相手がいたぞ
しかも5年以上やっている
あぶないところだった!

商圏の市場調査「リサーチ」

【集客チラシ作り 作業1】

集客チラシ作りの実質最初の作業です。

お店の商圏に

「どのような人が住んでいるか(地域特性)」

「同業他店(競合相手)の確認と調査」


しっかりと行うことです。

地域の特性で、
あなたのサロンの何を
宣伝広告すればよいかを定めます。

同業他店(競合相手)の確認と調査は
サロンに来てほしい客層が同じですと、
お客様の取り合いとなりますので、
狙う客層を変えなければなりません。

まして競合する相手が
あなたより営業年数が長く、
すでにその客層を
しっかりと握っているとすれば、

その競合相手に勝つことは
その客層に提供するサービスに
絶対の勝つ自信がない限り無理です。

しっかり市場調査「リサーチ」をして
狙う客層が競合他店と同じになることは、
絶対に避けなければなりません。

まして、
今からサロンをオープンする方は、
資金が豊富にある方は別ですが、

オープンしてしまったら、
お店の移動は色々な面で無理ですから、
真剣に市場調査「リサーチ」を行うことです。

この作業の一番の敵は
あなたの

「めんどくさい」

という気持ちです。

↓ 参考動画 約 9分

集客チラシのご相談 いつでもお電話ください
承り:さいたま市(岩槻区除く).戸田市.蕨市

ターゲット?考えたこともなかったわ・・

チラシを読ませる相手「ターゲット」を定める

【集客チラシ作り 作業2】

商圏のリサーチで分った地域特性で
一番売れそうだと思う提供サービスを選び、
その選んだ提供サービスは

「どのような人」

が 求めているのかを想定します。

この想定した人が
チラシを見せたい人

「ターゲット」

です。

これを弊社の営業品目「印刷」で解説すると、
ターゲットは下記のとおりです。

1、印刷会社を探している人
2、名刺の印刷を考えている人
3、チラシの印刷を考えている人
4、挨拶状を考えている人
5、葉書の印刷を考えている人
6、伝票の印刷を考えている人
7、封筒の印刷を考えている人
8、領収証の印刷を考えている人
9、販売促進用印刷物
10、会社案内(店舗案内)を考えている人

が「印刷会社」の商品です。

この商品ごとに
必要としている人

「ターゲット」

がいることになり、
ターゲットごとに
宣伝広告する内容が違うわけです。

ここで注目するところは、

1、印刷会社を探している人

です。

この人たち(ターゲット)は
2~10 までの人たちも当てはまると
思いがちですが、
全く違う人たちなのです。

あなたが
今ご覧になっているこの「チラシの作成」の
オームページを見るのに、
検索窓の中に

「印刷会社 ○○○市」

と キーワードとして入力しましたが?

おそらく

「チラシ印刷 ○○○市」

「チラシ作成 ○○○市」

「チラシ印刷会社 ○○○市」

のどれかを
キーワードとして入力したはずです。

先ずは
「チラシ」ありきで
「印刷会社」ということは
さほど重要なことではないのです。

では

1、印刷会社を探している人

ターゲットの人達はどのような人か?

・まだ取引している印刷会社がないので
 探している

・移転してきたばかりなので地元の印刷会社を
 探している

・今取引している印刷会社に不満を持っている

このようなお考えを持っている人で、
検索窓に入れるキーワードは

「印刷会社 ○○○市」

と 入力するのです。

一言で言うと、
あなたのサロンのメニューの数だけ
そのメニューの対照となる人「ターゲット」が
いるということです。

この考え方で
今回作る集客チラシの読ませたい相手

「ターゲット」

を決めます。

↓ 参考動画 約 10分

集客チラシのご相談 いつでもお電話ください
承り:さいたま市(岩槻区除く).戸田市.蕨市

チラシの構成図

チラシを見ている人に呼びかける?
どういうこと?

ターゲットに呼びかける言葉「ヘッドライン(キャッチコピー)」

【集客チラシ作り 作業3】

あなたは、
新聞に折り込まれてくるたくさんのチラシを
どのように見ていますか?

私もそうですが、
ぱっと開き、
チラシの一番上に目が行き、
そこに書いてある

ヘッドライン(キャッチコピー・大見出し)

を見て(読むではありません)
自分にとって

・普段から気にしていることに関係すること

・利益になる(得をする)こと

と 脳が反射的に判断をします。

その時間わずか 0.5秒です。

そして、
チラシのその下の部分を
チラ読みします。

チラ読みとは、
チラシに何が書いてあるのかを
しっかりと読むというものではなく、

本文よりちょっと大きく書かれている
ところどころの中見出しや小見出しを
見ます。

それで
詳しく知りたいと思ったら
チラシの上から改めて読みます。

このチラシを見る人の行動で分るとおり、
一番最初の

ヘッドライン(キャッチコピー・大見出し)


脳が反応しなければそれまでで、
その下を見ることはありません。

ただ、まれにですが、
この後【集客チラシ作り 作業5】で書きます
「オファー(そのチラシでの販売条件)」が
とても力強い魅力のあるものならば、

チラシをパッと開いて
ヘッドラインを見た瞬間
「オファー(そのチラシでの販売条件)」に
脳が反応し、

途中を飛ばして「オファー」を見、
オファーの魅力ある力強い販売条件で
ご来店いただけることもあります。

↓ 参考動画 約 14分

集客チラシのご相談 いつでもお電話ください
承り:さいたま市(岩槻区除く).戸田市.蕨市

チラシの構成図

なんだか 難しそうね・・・

ターゲットに伝える文章「キーメッセージ」を作る

【集客チラシ作り 作業4】

ひとつのサロン店で
全ての人を満足させることは
絶対にできません。

すでに利用しているサロン店でも、
多少なりとも不満や
気になることがあるものです。

心の中では常に

「もうちょっと ○○○○○ ところはないかな」

と思っているのです。

そのような人が
あなたのチラシを見て、
一番上の大きな文字の

「ヘッドライン(キャッチコピー)」



「○○○○○」

に関ることだと

「んっ」

と反射的に反応して
自然とその下に視線が行きます。

そこに
「○○○○○」が満たされる

「なるほど いいわね」


考えなくても
すぐにイメージできるメッセージ

「キーメッセージ」

を作ります

「キーメッセージ」とは

チラシのヘッドラインが「気になって」
振り向いた人が、
あなたのサロンを利用することによって、
その

「気になったこと」


どのようになり、
その結果お客様がどのような

「満たされた気持ち(心)」

になるかを
考えなくてもイメージできるように伝える
メッセージです。

このキーメッセージを読んで、

「そのような満たされた気持ちになりたい」

と思ったら
視線がその下に行きます。

↓ 参考動画 約 10分

集客チラシのご相談 いつでもお電話ください
承り:さいたま市(岩槻区除く).戸田市.蕨市

チラシの構成図

あら まァー すごい値引き
「ためしに」いちど行ってみようかしら…

このチラシでの販売条件「オファー」

【集客チラシ作り 作業5】

作業4 の「キーメッセージ」を読んで

「良さそうなサロンねー」

という気持ちになりました。

しかし、
お店はもちろんのこと、
あなたの名前も顔も知らない、
全くの他人。

いくら「良さそうなサロン」と思っても

「全く知らないサロン」

へ 行くには、
お客様にとってそれ相当の
魅力(良いこと)がないと来店してくれません。

その魅力(良いこと)が

「オファー(チラシでの販売条件)」

です。

お客様はこのオファーが
魅力的なものであれば

だったら 一度
「ためしに」
行ってみようか


まだ知らぬ初めてのお店に行く
「覚悟」と「動機」ができるわけです。

しかし、
ここで大きな問題があります。

それは、
ちらしの「目的」です。

「チラシの目的」の所でも書きましたが、
チラシの目的を

「初めてのお客様との出会い作り」

と 理解できると
魅力のあるオファー(販売条件)を
打ち出すことができるのですが、

チラシの目的を「売上」と考えている人には、
魅力あるオファー(販売条件)を
打ち出すことができないということです。

そのような方はもう一度一番上の

お店の集客チラシの「目的」

を読んでください。

オファー(販売条件)には
重要な注意点が2つあります。

・締め切りを設定する
・行動の手段が明確

です。

「締め切り」は
期間限定を設定するということです。

たとえば

「○○月○○日までにご来店の方」
「このチラシを持参していただいた方限定」
「先着 ○○名様限定」

などです。

「行動の手段が明確」は
電話予約が優先であれば
オファーと一体であるように
電話番号を でかでかと大きく 記載すること。

ご来店であれば

「住所」を大きく
分りやすい「案内地図」

を 掲載することです。


-最後に私から一言-

私は営業畑を長年歩いてきた経験から

チラシをまいた場合には、
チラシの有効期間中の電話は、
責任のある方が取るようにすることです。

なぜか、
チラシを見た人からのお問い合わせの電話は、
店主とお客様の初対面だからです。

人は「第一印象」で判断します。

それを心得て対応できるのは
店主又は店長だけです。

そしてもうひとつ、
チラシを見て電話を下さる人のための

「電話での接客(トーク)」

を準備しておくことです。

チラシを見て電話をしてくるお客様は、
電話を通して、
あなたを厳しくチェックしています。

厳しく!

↓ 参考動画 約 12分

承り:さいたま市(岩槻区除く).戸田市.蕨市
9:00~20:00 年中無休(年末年始.大型連休除く)

ご相談.お問合せ「スマホを見た」と
いつでもお電話下さい!
電話には私(新井)がでます!

受付 09:00~20:00 / 年中無休(年末年始.大型連休を除く)

powered by crayon(クレヨン)